仕事 / 転職

未経験の文系がプログラマになったリアルな手段

プログラマーカタカタ

私は現在プログラマとして働いており、もう早3年目になります。

大学は文系で新卒で営業をやっていました。当時はITの経歴・知識はほんとんどありませんでした。

「プログラマになりたいけど、どれも経験者のみの募集で入れない」そんな人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、文系の未経験がどのようにしてプログラマになったか?という視点で自己紹介も兼ねつつ書いていこかと思います。

プログラマになるまでの経歴

文系なのでとりあえず営業

当時高校生だった私はなーにも考えず文系の大学に進学しました。

就活の時期は特にやりたい事が見つからず目標が不明瞭な典型的なアホ大学生。

結果、大した下調べもせず商社の営業として、内定は獲得しました。

今考えると、もっと自己分析しろよ・・・と激しいツッコミを入れたくなります。

やっぱりブラックでした

当然の結末かもしれませんが、ろくに調べもせずに入社した企業は世間で言う所のブラック企業でした。
たとえばこんな感じ↓

  • 毎日終電帰りは当たり前
  • 自分を含む同期は上司から暴力を振るわれる
  • ミスをすれば怒号が飛び交う
  • 残業時間は記録されない(サービス残業!)

そもそも対人コミュニケーションがそこまで上手くないのもあり「自分の本当にしたいことは何だろう・・・」と思うようになりました。

そうして昔から興味だけはあったし流行りだったということもありIT業界を真剣に考える様になりました。

「未経験」「文系」の就活

新卒入社した企業を1年半で退職し、プログラムの基礎を勉強しながら未経験プログラマの仕事を探しました。

ですがまあこれがなかなか見つからないわけですね。

同じ境遇の方はよくわかると思いますが、転職市場には実務未経験のプログラマ採用はほとんど無いんですよね。

あるとしてもいかにもブラック臭がプンップンな胡散臭い企業のしか無いのです。

あまりにもなかったためプログラマになる夢は諦めるしかないのか、と絶望しながら就活していました。

胡散臭いベンチャーに転職して言われたこと

そんな中で「実務経験不要!君もプログラマになってゲームを作ろう!」と謳うITベンチャーを見つけました。

正直かなりアヤシイと思っていましたがプログラマとしての経験を積めるのであればOK!と思い、内定を獲得しました。

しかし、入社してみると予期せぬ一言を最初に言われました。

「〇〇さん、実務未経験だからとりあえず英語の仕事で現場入ろうか^^」

その企業は俗に言うSES企業。SES企業と言ってもいい会社、悪い会社当然ありますが、その会社は社員のキャリアに寄り添うというよりかは会社の利益を優先し使える労働者として派遣するタイプの会社でした(利益を優先するのは、当然のことです)

その当時は実務経験でのプログラミングはしたことがなかったので、英語の仕事をしぶしぶ承諾しました。

その仕事でも充分にやりがいは感じていたのですが、やはりこちらとしては業務としてプログラミングができると思っていたので、肩透かしを食らった気分になっていました。

ようやくチャンスが

そうして私は英語の技術員として某PCメーカーに派遣され数か月が経ちました。

自社ではスタートアップとして実際にチームの開発を始めており、運よくそのチームに混ぜてもらえました。

平常の業務が終わった後、19時ごろ自社に戻り23時頃までゲームの開発をするというハードスケジュールになってしまいましたが、やりがいを感じていたのでそこまで苦にはならなかったです。

そしてなんと派遣先の上司の方にも「会社の余ったサーバーを使って自由に勉強していいよ」との許可までいただき、お言葉に甘えてサーバーの基礎を勉強させてもらえました。

そして最終的には配置転換が行われ、英語の仕事ではなくサーバーに関する質問対応の仕事に就かせていただくことになりました。

(まあ今考えるとそこまで現職につながる知識は得られませんでしたが・・・)

プログラマ転職へ

エンジニアっぽい仕事をしていましたが、自分の中でやはり「自社開発に携われるプログラマになりたい!」という夢は忘れることができず、その会社は退職しました。

プログラマを目指すため、Unityで軽いゲームを自作してみたり、
大学の後輩と一緒にiOSのアプリを作成したりしてとにかく業務でなくても実績を残そうとしていました。

ほどなく後、プログラマ専用転職サービスを利用して良さそうな自社開発求人を発見。
選考の上、中途でエンジニアとして採用していただき、現在に至ります

未経験がプログラマになる個人的3か条

とにかくコードを書く

多くの方が言っていると思いますが、プログラミングは実際に作らないとほとんど身に付きません。

私もいろんな参考書を読みましたが、やはり作ることが一番の上達につながりました。

プログラミング言語を使っていれば究極なんでもいいので、興味のあるものをとにかく作ってみることをおすすめします。

どの言語を選ぶかというのも多くの未経験者が気にする点だと思いますがなんだっていいんです。

なにかしらを作っておけばその時身に着けた考え方が違う言語でも必ず役に立ちます。

とにかく成果物があるのとないのとでは面接の際の印象が180度異なります。

自作できていないのに未経験採用されるのはほぼ不可能だと考えたほうがいいと思います。

わからないときの対策を用意しておく

プログラミング学習していると必ず壁にぶち当たる時が来ます。

特に独学者はそのタイミングで挫折し、あきらめてしまうことが多いと思います。

そうならないために、わからない時に相談できる人を探し、詰まった時には聞ける環境を整えることが重要です。

自分の場合は友人が助けてくれましたが、もし身近にそういった人がいないのであればスクールやWeb上のサービスも多いので、それらを活用したほうがいいです。

とにかくこの「わからない時の対策」が出来ていないと挫折する確率がほぼ100%になりますので、何が何でも用意しましょう

Githubは使えるようにしておく

昨今はどんな会社でもバージョン管理をしていると思います。そしてその大半がGithubを使っていると思います。

実務未経験でも「GitGithub使っています!」となれば、企業に「こいつはまあ最低条件はクリアだな」と、アピールポイントにもなりますし、なによりコードを見てもらえます。

そもそもGitを使えればプライベートでの開発の幅や利便性も大きく広がります。

ちなみに私はゲームを開発していた時にGitを使っていました。その時はだいぶにわかの知識だったのですが、まあそれでも良いんです。とにかく使うことが転職に関しては重要なんですね。

これを読んでいる方はあらかじめGithubの習得は前提条件だという意識で普段から慣れていくことをお勧めします。

スクールは要るのか

お金に余裕があれば使っても良いが必須ではない

スクールは未経験転職するという意味だけで考えると必須ではないかなと思います。

もちろん行けば体系的に学べるので時間とお金があれば行くことをおすすめします。

ただ、スクールで学んだことがそのまま実務で使えるかというと前年ながら全然そんなことはなく、入社してからも必ず再度勉強のし直しになるかと思います。

というのも企業によって使っている言語やフレームワーク・環境が違うので当然なんです。

3年の実務経験を積んだ今でも転職する際には勉強し直す必要があると思います。

エンジニアをしているとどれだけ勉強してもどうせわからないことがめちゃくちゃ出てきます。

なのでエンジニアでいちばん大事なのは「自分で調べて解決できるか」という能力だと思います。

スクールはそのいちばん重要なスキルを身につける手助けをしてくれることは確かですが、最終的には絶対自分で調べるという能力が必要です。

そしてそれは、スクールに行かなくても見つけることは出来ます。

スクールは必須ではないが、わからないことを聞ける環境は必須

下記は実際僕が独学のときに使ったプログラミングWEBサイトです。

この中でもProgateはプログラミング始めたての感覚を掴むのに非常に有効でした。

料金も月額¥1,078(税込)とかなりリーズナブルで色々なコースがあり、実際コードを書いて学ぶことが出来ます。

これに追加して先程行ったとおりですが、躓いたときに誰かに聞ける環境ではないと必ず詰みます。

ただ、これらも自己学習の時にわからないこと自由に聞けるというわけではないので、詰まった時に対策としてはMENTAというサービスがあります。

自分は使ったことがないため詳細はわかりませんが、MENTAでなくてもとにかく詰まったときの対策は必ず立てておくことが重要です。

自分は大学の後輩にプログラミングに詳しい人間がいましたので実質無料で聞けました(なんとありがたいことか・・・)

最後に

いかがでしたでしょうか。

どんな仕事でも未経験から始めるのは大変で、壁にぶつかったりして辛い時期もあると思います。

今回は私個人の感想・意見が多くなりましたが、過去の私と同じ境遇の人々へ少しでもエールを送れたらなと思います。

-仕事 / 転職
-,