ゲーム

【ネタバレ】ゼルダの伝説 スカイウォードソードHDはつまらない?僕が微妙だと思った理由

スカイウォードソード

2011年にWiiで発売された「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のHDリマスター版である本作。

この作品に関しては結構賛否が別れている印象があります。私がやった感想としては「面白い部分はあるものの、これはちょっと「否」よりかなあ・・・」という印象を抱きました。

今回はスカイウォードソードHDについての感想を書き連ねていこうかと思います。

良かった点

安定感のある謎解き要素

スカイウォードソードは革命的だったブレスオブザワイルドと比べると「いつものゼルダ」という趣が強いです。

でも、それはそれで良いんですよね。

ダンジョンごとに新しい装備を手に入れて行ける所が増えていく・・・こういった楽しみはまさに従来のゼルダのめちゃくちゃ楽しいところです。

ブレスオブザワイルドは最初からほぼすべての所に行けるという自由度の高さが売りのゲームですが、自由度が徐々に広がっていくゲームはそれでそれで面白いものです。

また謎解きも全体的に難易度がちょうどよく、理不尽感のないものになっており安定した楽しみがあります。

任天堂のゲームはこのあたりのさじ加減が本当にうまいなあ・・・と感心させられます。

ちょっと新鮮味のあるストーリー

今回のストーリーは他作品と比べてもちょっと異色な内容となっています。

具体的にはダとリンクは恋人なのかそうじゃないのか、付き合うか付き合わないかみたいな絶妙な間柄なんですよね。

これがめちゃ尊い・・・。

結構ゼルダからグイグイ来るので「おお・・・これは!」といつにもないゼルダの雰囲気にかなり新鮮味がありました。

ストーリーに関しては基本的には王道構成で可もなく不可もなく楽しめました。

ただ、ゼルダシリーズ最古の物語として押し出していた点ですが、これに関してはちょっと不満もあります。詳しくは残念だった点で書いていこうかと思います。

順当に進化しているグラフィック

グラフィック自体はWii版と比べると間違いなく進化しています。

またFPSも向上しており、明らかにプレイ体験が向上しています。

一部のレビューでグラフィックが悪いという指摘もあるようですが、飽くまでリマスターということも考えると全然妥当な線だと思います。

残念だった点

擁護不可能な操作性

これに関してはもう誰もが言っていることですね。

Joy-Con使用時の操作性は本当に擁護出来ません

思った方向に剣を振ってくれないのから始まり、このゲームでは至る所でジャイロ操作を求められるのですがそのほとんどがまともに動きません

ロープの揺らし、スカイウォードの溜め、綱渡り、パチンコでの操作に至るまで、全て慣れが必要です。

メニュー画面からジャイロリセットをワンボタンで出来ることは良いのですが、ジャイロを求められるシーンごとにこれをやらなければならないレベルですのでかなり厳しい・・・。

ただ、体感的なアクションがこのゲームでの売りなので出来るだけ我慢して自分を慣らしていく様に頑張っていましたが、ビートルの操作性があまりに悪く謎解きをクリアできなかったため、やむなくコントローラー操作に切り替えました。

このコントローラー操作も特殊で、視点移動はLボタンを押しながら右スティックじゃないと出来ないという欠陥を持っています。

やむを得ない妥協案であったとは思うのですが、こちらも結局慣れるまではかなりストレスがたまりました。

全体的に操作性に関してはちょっと擁護が難しい完成度かと思います。

使いまわしが多い構成

ストーリーが進むにつれて行ける所が増えていくのはワクワクして良いポイントなんですが、その行ける所がすでに言ったエリアの新しい通路に行けるようになるとかそういうのが非常に多く、新しいエリアだったり文化がある地域に行けるということは殆ど無いんですよね。

行けるエリアはフィローネ、ラネール、オルディンの3つのみでそのエリア内ではほとんど景色が変わらないため、行けるところが増えるとしても新鮮味がありません。

また全体的にボスキャラにも使いまわしやマイナーチェンジでの再登場が多い印象を受けました。

特に封印されしものとは計3〜4回戦わなければならず(しかもほとんど戦略に変更なし)ちょっとストレスがたまりました。

封印されてろ

遊びの幅がほとんど無く冒険感が薄い

本作に関しては基本的にストーリーラインに遊びがなく、常にダンジョンを攻略しているといった印象を受けました。

例えば他作品では必須ではないものの冒険を楽にするアイテムをゲットするサブストーリーがあったり、なんかしらメインストーリーとは脱線する「遊び」があることが多いです。(少なくとも3Dゼルダでは)

ただし今作は常にやるべき事はファイから指示されるというのもあり、心理的にストーリーを追うことが優先されます。

なので自由に探索する余裕が発生しづらく、またサブイベント的な物のボリュームにも欠けている印象があります。

もちろんミニゲームはあるのですが、心理的にという話です。

またスカイロフト以外にほとんど人の営みが無く見えるのも気になります。

(ゴロン族やモグラの人たちはどこに住んでいるんだろう・・・)

前時代的なゲームデザイン

発売当初でみてもちょっとストレスフルなゲームデザインも気になります。

例えば空の移動はファストトラベルもなく、スピードアップも実質出来ない仕様になっているため、はっきり言ってめちゃくちゃつまらないです。

(急降下するとスピードアップと言ってはいるが、ほぼ実感できない)

また、amiiboを持っていないと空へ飛び上がるときも像に話しかけなければならないのはストレスでした。

(大人の事情はあるのでしょうがリマスターなのだからこれくらいは当然出来ていてほしかった)

また無敵の敵に追われながらアイテムを集めてクリアする「サイレンの試練」「音符集め」についても全く面白いと思えず、これも4回繰り返しさせられるのはかなりきつかったです。

管理人
「無敵の敵」「こちらから攻撃不能」「即死」の要素はホラーゲーム以外成功したのを見たことがありません。

これは始まりの物語・・・なのか?

メディアではこのゲームは「ゼルダシリーズ最古のストーリー」と紹介されるのですが、そこもあまり納得できません。

というのもトライフォースやマスターソードが出来る仕組み自体はもう完成しており、そこに対しての説明がなされません。

それが無い限りは結局他作と同じなのでは?と思ってしまうのですが・・・。

またディン、ネール、フロルももう当然のように存在しており、結局それら3大妖精の発祥などは不明。

最古のストーリーと言う割には過去の謎などはほとんど明かされていない印象を受けました。

まとめ

当時売上がかなり振るわなかったということを最近初めて知ったのですが、やってみると「確かにこれはなあ・・・」という感想になってしまいました。

あくまで当時のリマスターということを念頭に置いてもちょっと楽しめる要素よりもストレスが溜まることの方が多い印象で、自分的にはゼルダシリーズにしてはいまいちだったというのが感想になります。

ただ他のレビューを見ていると「ストーリーがめちゃくちゃ良かった」「Joy-Conでの操作が楽しい」「過小評価されている」という声もあったので結構賛否が分かれるゲームなのかもしれません。

ただゼルダシリーズが好きな方ならある程度は間違いなく楽しめると思いますので、賛なのか否なのか、ご自身で確かめられてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。

-ゲーム
-,